SINODON+CORE

昨日は久しぶりに

モデルで撮影いった。
凄い久しぶりのCマン殿と。

この時期の夜の海は
ありえん寒かった。

この厳しい撮影の感覚
久しぶりだわ。

久しぶり過ぎて
ちょっとモデルするって感覚を忘れてる。

やっぱりね
間を開けずにしてないと
レベルってガンガン落ちていくって痛感した。

モデルは、1人じゃできないから
撮ってくれるカメラマンいないんだから仕方ないとしても

せめて撮る方
カメラマンは、1人でもできるから
間を開けずに作品していかなって思う。

モデル、激少なくなったら
全然痩せれなくなったし
感情の入れ方とかポージングのとり方とか
テンションの上げ方とか

めっちゃ薄くなってしまったことに
昨日行って驚いた。

カメラマンがテンションマックスで撮影してくれることで
自分もどこまででも突っ走ってやりたい
そんな撮影をしていたころが懐かしい。

妥協は、しない

カメラマンも諦めないで無茶をして
モデルも燃えていた。

そんな撮影は
もう遠い昔なのかもしれないけど

そんな撮影が好きだから
撮るほうでもいいから
自分でそうもっていかなきゃって思う。

いつも何時間もカメラを下ろさずに
真剣に動物撮影しに行くのは
そんな思いの現れなんだと思うわけで。

PS
でも、最近はね
M5ってライトなカメラがあるんだから
もう少し息を抜いて
でも作品は狙って
お散歩しながら撮るってのも
勉強したいなーって思ってる。

だって
さあ、作品狙うぞ!
って勢いで6D2とLレンズだして
重装備で長時間撮影に出る時しか

ほとんどカメラを触らないって状況に陥っている。

ずっと防湿庫にいて
可哀想な気がする。

息を抜いて作品を狙う

アタシが
今、1番
身につけなきゃいけないことかもしれない。

[PR]
by SINODON2 | 2018-05-05 12:32 | Comments(0)